ブータン王国(Druk Yul)
ヒマラヤ山脈の南に位置する小さな王国。 北はヒマラヤの標高7,000mから南はインドに接する300m迄,九州よりやや大きい47、000平方qの面積に70万人とも150万人とも言われる人たちが暮らす国。
国民総生産量(GNP)より国民総幸福量(GNH)を追求し緩やかな変化を望んでいる国。
日本では余り知られていないが,驚くほど日本と似ている国。

右の画像はブータンの国旗です。左上の「黄色」は国王の世俗的権威を示し、右下の「オレンジ色」は宗教的な修行と精神力を示します。真ん中の「龍」はブータンの国名(ドルックユル=雷龍の国)を示しています。
 
 
 

ブータンでは外国からの観光客を制限していると言われている。個人旅行ビザの取得は困難で、ブータンの人の招待が必要です。
普通はブータン国内の認可された旅行会社を通してのみ取得でき、そのビザ取得が条件でこのロイヤル・ブータン航空のチケットを購入する事が出来ます。(それ以外の航空会社は就航していません)
この認可された旅行会社に払う代金が団体の場合で1日$200と高価なので、この面でも旅行者が少ない要因となっています。
ロイヤルブータン航空
ロイヤル・ブータン航空のブリティッシュ・エアロスペースBAe146型機